【レースレポート】第10回ツール・ド・宮古島

はいさい!
リアルまもる君です。
いよいよリベンジの時がやってきました。
過去に三回連続DNF中の私にとって
超難関なツールド宮古島。
今年はボトル4本の装備と、制服を
夏仕様に変えての挑戦です!
もちろん練習もしっかり積んできました。
まずは土曜日のサイクリングから。
こちらは参加はせず応援♪



頭にまもる君をつけて走る方も!

ファミリーで走る高木さん!
将来が楽しみですね^ ^

暑そうですね!スタートがお昼!
みなさん熱中症に気をつけてください!
皆さんのスタートを見送った後は
島内をまわりました。驚かせてしまった
皆様、ごめんなさい!
そしてそして、レース当日。


気合い入ってる方やリラックスしてる
方など様々なスタート前。
さぁ、やるしかないですね!
いってきます!!

まずはパレード走行で伊良部大橋。
海を見る余裕は無く、パレードなのに
早い早い。

最後方からレースを進めます。
皆様に置いてかれてボッチ感でてますね!

伊良部大橋を渡ったら北上。
池間島へ。ここは平坦なので
ave30オーバーで順調にきてます。


池間大橋で先頭集団もすれ違い。
早いですね!さすが!

池間島内も地味にアップダウン激しく
なかなかのキツさです。
その後狩俣〜城辺方面へ。

この辺はずっと緑が続くので
景色も楽しめず、地味なアップダウンに
真謝の急坂に苦しめられましたが、
坂で氷をもらい助かりました!


引いてもらいながら比嘉ロードパークの
エイドを目指します。

比嘉ロードパーク到着。
60km地点くらいですかね。

ボトルに水を補給してもらい復活!

4本ともからっからだったので
助かりました!
関門でもある東平安名崎まであと少し。
スタートから3時間で74kmを通過
しないとアウトです。
過去にここでアウトをくらった
苦い思い出もあります。

今年もなんとか時間内に到着!

ここでも梅干しも水を補給して、
ラスト40kmに備えます。

しかしながらこの後が大変。
マラソンでもランナーを苦しめ、
ロードレースでも苦しめられる
七又 エリア
アップダウンが7つあることから
そういう名前だと聞いてますが、



登って下って〜を繰り返し。
さすがの私もここで脚が悲鳴を
あげて攣ってしまいました。
さきほどから写真にもちょいちょい
写ってる黄色いジャージの紳士から
的確なアドバイスをいただき、
なんとかその場を切り抜けました!!
攣った時は回すんですね!
勉強になります。
補給でも補助いただき、さぁ、
ラストの難所、来間島。

いや〜いい天気ですね〜。
暑っい暑っい。

100km地点に到達し、完走も
いけるだろうとタカをくくってました。

来間大橋の向こうから車が走ってきて
よく見たら、最後尾車 と張り紙が。
え、最後尾車の後ろを走ってる?
まじか。
一転、大変な状況に。
ぬぉーー!

残り14kmを必死に最後尾車を
おいかける展開に!!
ラスト4kmで最後尾車を追い抜き、
心の中でガッツポーズ!
そのまま脚よ、攣らないでくれーと、
祈りながら、、、
ゴーール!

※宮古毎日新聞 様より拝借
4度目の挑戦にてロードレース
初完走です!!

完走できたのは自分の力では無く、
たくさんの応援やサポートをいただいた
からこそだなぁと。次、完走できる
自信がないですが、本当にありがとう
ございました!
ラストはこんな顔だったようです(笑)

今年は表彰式にも参加できました♪
入賞の皆様おめでとうございます!


次は月末のサマーナイトラン!
11ヶ月連続の連戦もいよいよラスト。
頑張りますので応援よろしくお願いします^ ^